ずっと眠っているみたい

 

 

 

 

 

木枯らしが吹いたそうで、もう冬です。

夏がだらだらと居座ってたから、

 

秋が全然なくてお洋服が泣いてます…。

 

 

心が安定に不安定だから、これでいいのかもしれない。と、いいお客さんに当たったから今日は思う。

好きなひとが好きだ、とも思う。

 

 

 

男なんて、下心無しに女に近寄って来ることなんてない。と先輩は断言してたしお客さんも断言してたから、そうなのかなあ。

男女の友情?確かに、学校の人たちを見てると友達の距離じゃないからそうなのかもしれないって少し納得。前まで、あんなに馴染みたいな。馴染んできたな。ってそう思ってたのに、今じゃ気持ち悪くてしょうがないし馴染みそうだった自分が過去にいたことも消滅させたいくらい嫌悪感しかない。

お互いを異性と見ているのに友達と呼び合う彼らが、ケモノみたいに見えてしまう。ケモノ?わかんないけど、動物。理性とか意思とかそういうのがなくて、目の前の♂♀凸凹にしか興味ないような…わかんないけど、今私の周りに綺麗なものなんてないように思う。

別にお互いを異性として見るなって意味じゃなくて、異性として見てるくせに同性同等の扱いをしている風を装い触れるなっていう意味。そんならレディーファーストすな!

 

ドウデモイイという気持ちは、すごく怖い。

わたしはそれを知っている。だから、毎日を丁寧に生きたい。

ドウデモイイなんてことがないように。

 

 

 

不安定な気持ちを穏やかにしてくれるのは、今の所彼だけでして、、もうこれって依存なのか執着なのか、好きなのか?よく分からないけど、わたしの気持ちが晴れやかになるのは彼とのLINEでありまして、とりあえず最近は好きだなってことで、

 

お後が宜しい様で、此れにてお終い。